腕や足の痛み、腰痛から解放されて
ダイナミクスも速さも思いのまま
 
最高のパフォーマンスを引き出す

ドラマーのための魔法のエクササイズ

 

 

 

「最近、腕が痛くて叩きづらい。

 足もかたいなぁ。でも今日ステージだし…

 叩けるのはありがたいけど、正直キツい。

 若いドラマーはどんどん出てくるし、自分のドラムはもう限界なのか?」

 

動きやすくなろうと筋トレしたり、グリップを変えようとしたり。

でも、筋トレの効果がよくわからず、整体に通う日々。

疲れが抜けないままステージに立って、漠然と不安を感じる…

 

お疲れ様です。大変ですよね。

 

 

思い通りに動く手足は
筋トレやストレッチでは手に入らない

 

「運動して鍛えなくては…」
多くのドラマーは、動きやくなるには”鍛えなければいけない”と考えがちです。

しかし、筋トレをすると筋肉がかたくなってしなやかに動かずスピードが落ちます。
また、ストレッチを頑張っても、すぐには柔軟になれません。

 

「じゃあ、体を鍛えなくても演奏しやすくなる方法はあるの?」

はい、筋トレやきついストレッチをしなくても動きやすくなれます。

なぜなら、演奏しやすいためには、

「かたさを取り除くこと」と「力まないこと」の二つが重要だからです。

 

そもそも、ミュージシャンであるドラマーが運動する目的は何でしょうか?
目的は、あなたの「理想のドラムを叩くため、手足を操作をしやすいため」のはずです。

 

・ダイナミクスが出せて痛めない手足
・細かいコントロールをできる手足

・腰痛がなく疲れない体

・気の利いたフレーズが叩けるセンスや技術

・どんなステージでも実力が出せる心身

 

筋力アップやきついストレッチでこうなれるでしょうか?

 

なぜ40代ドラマーの9割は痛めてしまうのか?

 

人は、かたいことや動きにくいことに気づきません。

痛い、痒い、暑い寒いは危険として察知しますが、力んでも動きにくくても危険とは感じません。

力を入れることは危険と感じないので、気づくのは痛みになってからです。

動きにくいと「力が足らない」と考えがちです。

 

動きにくいと無意識に力むので、手腕に受ける反力も大きくなって、疲れやすく痛めます。

そして、動きは、連なります。

体の方で大まかな動きをして、手先足先で細いコントロールができます。

一ヶ所の筋力がアップしたり一ヶ所の関節が大きく開いても、うまく連なりません。

 

そう。ドラマーはパーツ鍛えやストレッチをがんばらなくていいのです。

体幹から動きがよくて末端で力まないでいると、連なりやすく反復しやすいからです。

演奏だけでなく普段からかたさ、動きにくさに気づかないで、肩こりや腰痛につながります。
だからこそ、ドラマーは体のかたさを取り除くことが大事です。

 

もしあなたが、

腕や腰の痛みなく、快適に叩きたい

筋肉痛や疲れを起こさないで、思うような音を出したい

ドラマーとしてもっと成長したい

体を壊さず、いつまでも活躍し続けたい

「神業!」と言われるようなフレーズを叩けるようになりたい

「叩いてもらえませんか?」とオファーを増やしたい

 

と思っているなら、体から動きやすくなることがとても大切です。

 

 

簡単な運動や練習であなたの演奏は

劇的に変化します!

 

体の動きは全て、神経系でコントロールされています。

演奏は、身につけた動きの神経プログラムを元に、

”触覚や運動感覚、聴覚などの感覚”と脳からの筋肉への命令”とがやり取りしながら、動きをコントロールします。

だから、ドラマーとして体の動きやすさ、演奏する際の動き、テクニックやセンスをよくするためには、

このプログラム、神経回路を変える、作り直すという概念がとても大切です。

 

もしあなたが、

・動きやすい体になりたい
・思い通りに叩ける手足でいたい
・憧れのドラマーみたいにセンスよく叩きたい

 

と思っているなら、

神経回路を変えることで、あなたの演奏は今よりも劇的に変化します。

 

自分のドラムを極める!

3つのアプローチは?

 

私は、長年にわたり音楽家、ミュージシャンの方にパーソナルトレーニングをしてきました。

音楽家の方が、能力を伸ばして理想の演奏をするためには、3つの面からのアプローチが必要です。


;体の動きにくさ、かたさをなくす

;力まず動く手足

;落ち着いたメンタル


この3つを説明すると

 

体》体幹のかたさをなくす

動くには筋トレ、柔軟になるにはきついストレッチという考えしかないでしょう。

でも、とても簡単なエクササイズで、腕や脚が動きやすくなります。

骨盤から脚、背中が動きやすくなって、かたい肩、腰がすぐに軽くなります。

無理なく柔軟になり、腰を据えて姿勢が良くなります。

ジムに行ったり特別な道具を用意したりする必要もなく、いつでもどこでも行えます。

 

技》力まず動く手足

ベテランの方が痛いときは、動き方を見直したほうがいいということです。

奏法を改善するときは、同じやり方でやるのではなく別なやり方をする必要があります。

身についた奏法で動くことは、問題の解決になりません。

人によっては、道具を使わずに練習するところからスタートします。

動き、感覚が変わることで、神経回路(叩き方のこと)を新しくできます。

道具や腕、脚の重み、関節の屈伸、手や足底の感触と柔かさを活かして、音に最適な動きをします。

力や考えて叩くのではなく、リラックスして音楽に集中できると、才能を発揮できます。

 

心》落ち着いたメンタル

ステージでの緊張、人間関係のストレス、失敗に落ち込んだり将来に不安を抱えたり、精神的負担は時に大きくなります。

外見的にも覇気がなくなり、実力通りの演奏ができなかったり、収入にまで影響を与えてしまいます。

だからこそ身体面だけでなく、音楽家のメンタル面もサポートします。

 

メンタル面のサポートでは、自分や状況を客観視するお手伝いをします。

自分で広く考えることで、問題の根本がわかったり自分の考え方に気づいたりします。

人目や出来事に振り回されず、自信を取り戻せます。

 

この3つのどれかがうまくいっていないと、心身を傷みを抱えて演奏を続けにくくなります。

 

パーソナルトレーニングを

ドラマーが受ける8つのメリット

 

エクササイズで期待できる効果は>>>

 体が安定してテンポが安定する

体の力みがなく深層筋が働くと、腰が据わって体が安定します

体の安定すると、テンポも安定しやすくなります

 

健康になって見た目もよくなる

ゆったりした運動や呼吸をすることで、心拍・血液循環と結びついて心肺機能がよくなります。

さらに、体が動きやすくなることでも日常での運動効率が上がり、体が引き締まります。

 

 メンタルもリラックスできる
ゆったりした運動で体がリラックスできて、メンタルや考え方が落ち着きやすくなります。
ステージ前も、適切なウォーミングアップができます。
あがりがひどい人のご相談にものります。

 

 いくつになっても活躍できる

ドラムを叩くから腕の痛みや腰痛は仕方ないとか、年齢のせいにしてしまいます。

痛めず叩ける体を目指すことで、いくつになっても演奏を楽く活躍することができます。

 

自信を取り戻せる

余分な力を使うことで体はもちろん、精神的に痛みや焦りを感じてしまいます。

人目を気にしたり不安にかられたり、自信をなくしがちです。

自分で自分をいいと思えると自然と自信につながります

 

「神業!」なフレーズが叩けてオファーが増える
体やパーツの動きが良くなると、当然ノリやすく演奏も良くなります。
リラックスしてノリがいいと、いいフレーズが出てきやすくなります。
ステージ上で人目を引き、出演やサポートの依頼が増えます。

 

さらに他のエクササイズとの違いは>>>

ドラマーの手や肩を守る
音楽家のためのエクササイズには、手や肩に負担をかけるエクササイズはありません

きついストレッチで首や腰を強く曲げることはとても危険です。
脊椎神経が損傷すると手足にしびれを起こしたり、歩行に障害が出ることがあります。

 

 続けられる

きついストレッチや難しく時間がかかるエクササイズは続きません。
指導するエクササイズは、簡単で少しでも効果が高いものです。

いつでもどこでもできて、気持ちいい運動なのでやりたくなります。

 

 

お客様の声

 

ストレッチは簡単で、足がよく動くようになりました

T様 40代 ジャズ他オールタナティブ

 

受ける前は、姿勢が悪いのかノリが出ませんでした。

また、足が極度の冷え性が原因か、動く時と動かない時が極端で安定しなかったです。

ストレッチは簡単でしたが、動きやすくなって効果が実感できました。

足がよく動くようになって調子良くなりました。

手足がスムーズに思ったところに落とせるような感覚

安心してライブに臨めるように

匿名 20代 ロックバンド

 

ウォーミングアップをする前と後で感じたのがまず体の軽さで、
手と足がスムーズに思ったところに落とせるような感覚を覚えました。
重心がしっかりして体のバランスがよくなっているなと思いました。
ライブなどでも、いままでは体が温まって自分で自由にコントロールできるまで

時間がかかるように感じていましたが、ウォーミングアップをするようになってからは、

一曲目からスムーズに体を動かせるので安心してライブに臨めるようになりました。

ガニ股を直す方法や日頃の歩き方も

A.K様 20代 ロックバンドほかサポート

 

ガニ股を直す方法や日頃の歩き方も指導してもらいました

セットアップの注意点で、あれこれ叩かずに同じフレーズで動きやすさを比べるなど、

ドラムを演奏する上で必要なことを、多く学びました。

正しく意識して得られる安定感には驚きました

数回の準備運動でこれほどほぐれ

Y様 20代 ポップスバンド、ドラマ主題歌多数

 

初日に指導いただいた体の中心を意識するというところでは、
元々もっていた「なんとなくのイメージ」と「実際の位置」との乖離が大きく、
その結果、正しく意識することによって得られる安定感には驚きました
二日目に教わった手や足の準備体操において
普段はかなりじっくりと柔軟などにとりくんでいましたが
習ったようなたった数回の手足や指の準備運動でこれほどまでに
ほぐれるのかと感じましたし、今までがいかに効果を伴わない(効果を確認しない)
自己満足な準備運動だったのか反省しました。
やはり楽器に向き合う前に自分の体にもっと向き合い理解しようとすることで

楽器(奏法)に対する正しいアプローチへつながると感じています。

疲れなくなりましたし、痛みもなくなりました

匿名 50代 ロックバンドほか

 

おかげさまで、随分良くなりました!

エクササイズをして、リハをしたら足の動きがとてもいいです。

力を入れないようになって疲れなくなりましたし、痛みもなくなりました。

ドラマー向けトレーニング

体験講習会

 

体を変えていくのは、個人に適切なメニューを一定期間(目安は6ヶ月)こなしますが、

今回はまず、ドラマー向けのエクササイズと動きやすさがわかる講習会を用意しました。

この機会に、講習会に参加して体験してみてください。

 

日時1/20(日)15:30~18:00

   1/24(木)11:00~13:30 

 (内容は2日とも同じ)

 参加ご希望で日程が合わない方は、お問い合わせください

場所;北新宿

参加費; 5,500円(税別)

早期申込 4,500円(1/9まで)

 振込先、場所等メールでご案内します

定員;各5名

 到達次第、受付終了となります

 

体験講習会 主な内容

 

 魔法のようなエクササイズ

超簡単なエクササイズで、かたい体を驚くほど動きやすくします。

腰痛があっても肩がかたくても、無理なく腕や脚が動きやすくなります。

 

足の造りと柔軟になって、踏みやすい!

骨や筋肉など解剖を知るのではなく、足の動きを知ると踏む抵抗をなくせます。

足裏を柔軟にすると、グッと踏みやすくなります。

 

 やるより動ける!イメージトレーニング

実際に動かすよりも動きやすくなるイメージトレーニングを体験できます。

きちんとしたイメージトレーニングは有効なことがわかります。

 

 腕と頭って、こんなに重い!

頭は軽くて5Kg、片腕は数Kgあるのに、自覚できません。

重さがわかることで、肩や首、背中、腰の負担がわかります。

そして、体から腕の連なりがわかると、効率のいいストロークができます。

 

パーソナルトレーニング6ヶ月特別プログラムご案内

ドラマー向けのパーソナルトレーニング、特別なプログラムを紹介します。

 

 注)これは魔法のエクササイズではありません。

 (動画公開していません)

 

参加特典

 

 個別相談

これまで参加された方は「動きやすくなるために真面目に練習していたことが、逆効果で痛めていたなんて」と、目からウロコだったとおっしゃいます。

自分の体や手の動きを見て欲しい、メンタル面ご相談など、個別相談は通常 30,000円 (180分)ですが、

今回体験会に参加された方に限り30分、参加費で受けていただけます。

 
「神業!と言われるプレイができる秘訣」
 
粋なソロを叩いて「上手い!」と唸らせたり、

憧れのドラマーみたいに叩けるようになる秘訣とは。

受講者には特典ページをご案内します。

 

体験講習会 参加申込

 

 

講師紹介

 

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

 

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、
高校でアコースティックギター歴。

19年歯科医師をした後、音楽家専門のトレーナー”として数々の音楽家をサポート。

 

医療に加え多くの身体技法や、脳科学、心理学を学ぶ。

バレエの経験と度重なる故障の経験から、筋トレやストレッチなどの体育的な運動でなく、体が動く原理を大切にする。

体の造りを生かした驚くほど簡単な運動でかたさを無くし、動きやすくさせる。

聴覚と末端の感覚を重視して動き方を改善、演奏しやすくさせる。

さらに、メンタル面からも音楽家を望ましい未来へ向かわせる。

 

指導を受けた音楽家からは
「指が軽く動かせるようになった。力が入っていることすらわからなかった。」
「吹きやすくなって音色が変わった。」
など、多くの感謝の声をいただいている。 

 

【資格】
日本キネシオテーピング協会認定トレーナー
パーソナルトレーナーNESTA認定
英国IFPAアロマセラピスト

 

よくあるご質問

 

手に痛みがあります。参加できますか?』

これまでも腱鞘炎、手根管症候群、指を骨折をされた方などが受講されています。
身体のためだけでなく、今故障をしている方をご指導するためのものです。


『腰痛がなおりますか?』

腰痛の方でも行えるような体操で、やれば腰痛は良くなります。

骨盤に着く筋肉から動かして、体、手足への動きをよくします。

動きの要である「腰」から動きをよくするから、腰痛を遠ざけ叩きやすくなります。


Q 『体がかたくて、ストレッチが嫌いなんですが』

きついストレッチはなく、ストレッチや運動嫌いの人でも行えます。

とても簡単なゆるい動きや自分の気持ちいい感覚を目安に動きます。


『ヨガとは違いますか?』

ヨガのようにポーズや角度にはこだわらず、無理のない範囲で簡単な動きを繰り返します。

簡単に体幹をほぐしたり、下腹から手足が動きやすくなるエクササイズです。

結果的にリラックスしたり柔軟になる点は、ヨガと同じ作用があります。

 〜追 伸〜 

医療系の仕事は辞めても、体に関することで人の役に立ちたい、
私の好きな音楽を奏でる人を支援して、多くの人に音楽を届けて社会に貢献したい。
そんな想いで音楽家のためのパーソナルトレーニングを始めました。

 

ミュージシャン、特にドラマーは体が資本です。
だからこそ体を使って表現するドラマーの方たちには病気やケガをしないように、
無理のない体の使い方を覚えてほしいと心から願っています。

 

私自身、故障で動けなくなった期間、生きる意味もアイデンティティも失いました。

動けないとき毎晩聞き続けた、「希望という名の光」での故、青山純さんのドラムの音。

音楽に助けられ、音楽家の方と仕事したり音楽で踊る幸せを身を持って感じています。

 

少しでも痛みのある人が良くなって、ドラムで活躍してくれたら本望です。

もし、あなたが演奏しやすくなりたいと思っているなら、
より望ましい未来に向かいたいと思っているなら、私が伴走します。

 

今変わることで、これから先の音楽や生活が変わります。
いくつになっても健康で好きな音楽で活躍して収入を得たり、家族や仲間と楽しんだり、
ドラマーとして、より幸福な人生を歩んでください。

 

アーティストボディキャンセルポリシー |特定商取引法